邪魔ポン・邪魔チー

邪魔ポン・邪魔チーは果たして有効なのか?

必勝法という部類に入るかどうかは分かりませんが、邪魔ポンや邪魔チーって
ご存知ですか?

 

誰かがチーしようとした時、ポンの方が優先されるルールを利用して、本当は
欲しくもない牌を無理にポンする事です。

 

又は、誰かがリーチをかけた時に一発を消すためにポンやチーをする事も指します。

 

最近の雀荘は発声優先というルールが増えてきたので、邪魔ポンはあまり
みかけなくなりましたが、一発消しは今もよくみかけます。

 

 

正直言って、やられた側はあまり良い気分ではありませんが、作戦としては
非常に有効だと言えると思います。

 

勿論、自分も点数が必要で、鳴いてしまっては得点が足らなくなるケースでは
しませんが、クイタンや役牌で流してもよい状況ならば一発けしは有効でしょう。

 

そりゃそうです。

 

1翻+チップまで取られてしまう可能性を絶つのですからやらないよりやった方が
いいです。

 

 

ただ、あとはモラルというか気分の問題でしょう。

 

 

毎回一発消しをやっていたのでは、間違いなく周りの人達から嫌われるでしょう。

 

少なくとも私が通っている雀荘では一発消しだけの目的で鳴く人は、ごくまれです。

 

まるで一発消しが仕事のように毎回鳴く人も本当にたまにいるようですね。

 

 

注意したいのが、逆に通常なら鳴く牌も鳴かない人です。

 

●嫌われるのがイヤだからなのか?
●自分がやられるのがいやだからなのか?
●一発の楽しみはボーナスみたいなものだから私は鳴かないよ。
 だから私の時も鳴かないでね。

 

というつもりなのかは分かりませんが、そこまでサービスするのはどうかと思います。

 

気の合った仲間同士で打っていて、暗黙の了解みたいになっているなら話は別ですが、
通常の雀荘でそんな甘い事を言っていては勝てないと思います。

 

 

邪魔ポン・邪魔チーは有効か?という問題の結論として

 

仲良く麻雀を打ちたいなら鳴かないが、麻雀本来の目的であるお金を稼ぎたいと言う
のであれば、程よく、あおして無理なく鳴いた方がよいと言えるのではないでしょうか?