盲牌:麻雀攻略法

盲牌

盲牌と言うのは、ツモる時に指の腹などを使って牌の種類は判別する事です。

 

先ヅモは当然禁止なのですが、未だにこの盲牌は見逃されている事が多いです。
完全に先ヅモなのですが・・・。

 

 

今回お伝えするのは先ヅモを使った必勝法などではありません。
リーチをかけた時に盲牌を利用する方法です。

 

リーチをかけた時、あなたは盲牌をしながらツモりますか?
するのでしたら少しだけハッタリを混ぜてみましょう。

 

※ちなみにこの攻略法は盲牌出来る事が条件です。

 

具体的な方法

 

そういった工夫をするのかと言いますと、例えばあなたの待ちが1-4ピンだとします。

 

そしてリーチ後ツモるワケですが、ピンズの場合は1-4ピン以外は盲牌だけして
サッサと捨てるようにします。

 

そしてマンズの時は一瞬止まって、時には目で確認するようにするのです。

 

それを見た他の人達は「マンズ待ちか」と思うわけです。

 

 

まあギリギリ三味線じゃないかといったところですね。  >>三味線について

 

似たような方法

 

同じく1-4ピン待ちだとして、リーチ後に行う方法です。

 

相手が捨てる牌を見る時に、マンズを凝視するのです。

 

ピンズはあまり見ないようにします。(でも勿論キチンと判断出来る位は見ます)

 

あなたの目の動きを見た周りの人は、これも同じように「マンズ待ちか」と
思ってくれるのです。

 

 

どちらの方法も、たまにやると非常に効果的です。